英語を身につけるには英字新聞が最適です。

グローバル化が進む現代ではビジネスにおいても海外での展開が今後の成長の鍵になります。
そんな中においては、英語が話せる人材がますます必要になってきます。
就職氷河期において、そのようなグローバルな技能を持った人が就職や転職に有利になることは間違いありません。
ですが、学生時代に留学などで生きた英語を身につけている人はほんの一握りです。

したがって、これから勉強していこうとする人にっては、まさに今後どのように勉強して身につけるのかが大切になってくるのです。
実際に身につけるためには、毎日少しずつでも触れることが大切です。

学校の授業で習ったにも関わらず身についていないのはなぜでしょう。
それは、切羽詰まった必要性がなかったからなのです。

日本にいれば日本語を話すだけで生活ができてしまいます。
したがって、まずは英語に触れる機会を増やす環境づくりから整えましょう。

それには、英字新聞の定期購読が一番です。
毎朝届くので、出社前にそれを読みます。

題材は、社会の出来事やスポーツニュースなどが書かれているので大変読みやすくなっています。
毎日気軽に触れるには最適な媒体です。

また、自分の好きな分野だけの拾い読みでも効果を発揮します。
「毎日社会面とスポーツ面だけは絶対読む」など自分なりにルールを決めて取り組むのも良いでしょう。
文体などが自然と目になじんでくることを実感できてきますので、そうなれば、完全習得も目の前です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ