英語の単語を覚えるには練習するだけでなく覚えたか確認する作業が欠かせません

英単語を覚える方法としては、ノートに何回も書いて覚えるのが王道です。
練習する英単語をどこから見つけてくるかはいくつかのパターンがありますが、絶対にする必要があるのはテキストの新出語句の練習です。
新出語句は出てきたときに確実に覚えておかないと後で響いてきます。
また、テキストとは別に単語帳なども持っていればそこに載っている単語を練習するのも良いです。

単語帳はテキストとはまた違い、品詞ごとにまとめられていたり熟語の収録も充実していたりするので英単語練習の一助となります。
受験生の場合は、受験にこれだけは必要だという単語がまとめられた単語帳も出ているので、それを利用するのも効果的です。

また、前に習ったり練習した単語でも忘れてしまったものもあるはずです。
テキストを読んでいてわからない単語だが、新出単語には載っていないといったものがそれです。

こういう場合、新出単語ではないから練習しないというケースがありがちですが、忘れてしまった単語も新出のものと同じように練習しなければなりません。

放置しておくとわからない単語が雪だるま式に増えていき、後の苦労が大きくなってしまいます。
単語は練習した後、練習しっぱなしのままではいけません。

きちんと覚えることができたかどうか、こまめに確認することが必要です。
その方法としては、自分で軽くテストするのがよいでしょう。

大袈裟なものではなく、英語を日本語にできるか、逆に日本語から英語が浮かぶかということを確認すれば良いのです。
練習と確認の二つが英単語を覚えるのに欠かせない作業なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ