日本で有名な英語テストの種類と内容

日本では英語のテストといえば、まずTOEICが有名です。
TOEICは国際コミュニケーション英語能力テストの略で、基本的には英語を母国語としない人を対象としたテストです。
日本では主に、ビジネスマンなど社会人の英語能力を測る目的で利用されています。

TOEICのテストでは、聞き取りと読解の2つに分けられており、それぞれ100ずつ、合計で200問となっています。
テストでの得点により5段階にランクが分けられており、企業の求人欄などでは、募集する人の英語力をTOEIC何点以上などど記載して募集しています。

TOEICの他に有名な英語テストには英検があります。
英検は英検実用英語技能検定の略で、TOEICが英語でのコミュニケーション能力を測るテストなのに対して、英検は文法や英単語などの、どちらかといえば基礎英語力を判定する面が強いテストです。

日本での文法重視の英語教育と重なる点もあり、英検は小学生から大学生までの学生が多く受験しています。
上記の2つ以外に、現在の政府が推進しようとしている英語テストにTOEFLがあります。

TOEFLはTOEICと同じ米国の教育団体で開発され、TOEICと違い主に英語圏内の大学、研究所で使えるレベルの英語力を検定します。
テスト内容は、リスニングとリーディングに加え、スピーキングとライティングの4つになります。

このため、TOEICよりも実践的な英語力が測られると言われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ