日本で英語を学ぶ必要性が高まる理由

世界の公用語として広い地域で使用されている英語ですが、近い将来、日本でも英語を今まで以上に学ばなければならなくなるかもしれません。
その大きな理由として、国際競争力を高めなければならない現在の日本の状況があります。

近年、アジア各国の新興国が台頭してきたことにより、日本の企業は激しい国際競争にさらされています。
日本はいわずと知れた貿易立国ですので、グローバルな市場でこれら世界各国の競争相手に打ち勝たなければなりません。

このとき、まず必要なのが、コミュニケーションの手段として現在一番普及している言語である英語です。

こうしたことから政府では、国際社会で通用する人材を育成するために、今後学校教育で英語を学ぶ時間を増やすなど、英語教育に力を入れる方針です。

また、企業では現在すでにTOEICなどの英語テストを採用基準のひとつにしていますが、このように英語能力を企業が求める傾向はますます強まると言われています。

つまり、一般的な社会人においても英語を学ぶ必要性がこれまで以上に高まることになります。
では、実際にはどのような英語能力が今後必要とされてくるのでしょうか。

現在の日本の英語教育では、読み書きを重点的に学ぶ文法英語が中心ですが、今後はコミュニケーションの手段としての英語が使えるようになることが求められてきます。

具体的にいえば、リスニングやスピーキングなどの実用的な英語能力を高めなければならないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ