福岡で英語を学ぶ必要性について

福岡は九州地方で経済と産業がもっとも発展した地域です。
福岡の工業といえば、北九州工業地帯であり、日本屈指の工業地帯としてあまりにも有名です。
そのような経済と産業が発展した福岡は、ビジネスにおいて東アジアを始めとした多くの海外企業と取引を行なっており、隠れたグローバル都市とも言えるでしょう。

福岡で生まれ育つと、地元愛が強く、上京してもいずれ故郷に帰ることが多いのが特徴です。
そのような特徴を踏まえて、福岡の教育には英語が大切であると思われます。

幼い頃から英語に慣れておけば、いずれ故郷に帰ってきても、福岡の経済と産業には語学力が必要とされるので、決して無駄にはなりません。

経済と産業は今やグローバル化なしでは発展に限界があります。
それは日本の国土と資源が決して豊かではないためです。

いくら日本は製造の分野において、高い技術力があるとはいえ、その技術力を日本の資源にだけ利用していては成長など出来るはずもありません。

海外と取引をして、資源を調達し、ものをつくり、輸出する。
そうして事業が大きくなれば海外に拠点を作り、そこで更なる利潤に結びつけていく。

こうしたサイクルで日本という小さな国から飛び出していった優良企業が多くあります。
福岡はそれを実現しやすい下地がすでにできており、だからこそ、すべての始まりである英語習熟は必要なのです。

日本人はしばしば奥手であると言いますが、福岡は九州男児の言葉があるように、一本気で逞しく、ビジネスに長けた県民性です。
是非とも英語に強くなり、九州から日本をリードしていただきたいものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ