未来の為に、英語はこどもの頃から慣れさせておく事が大事です

日本に住んでいるからと言って、日本語だけ話せればいいと言う時代ではありません。
国際社会の一員となる為には、英語を話せる事が必要不可欠となってきています。
インターネットが社会に普及した事で以前にも増して、海外はより身近なものになり、インターネットを通じて、取引きや外国人を対象としたビジネスも増えています。

より良い仕事に就く為にも、資格として英会話が身に付いていれば選択の幅も広がり、給料にも反映され、似たような仕事でも英語を話せるかによって、待遇にも大きな開きが出てきたりします。

仕事に限らず、普段の生活でも英語が話せれば世界も広がります。

例え海外に行く事が出来なくてもインターネットさえ繋がる環境にいれば、全世界の人と会話を楽しむ事もでき、言葉の壁を感じる事なく交流をはかれれば、大切な友人を作る事も出来ます。

海外旅行でも言葉が通じないと言う不安がなければ、数倍楽しさも増しますし、これからの時代に必要な英語を身に付ける為には、こどもの頃から触れる事が大切でしょう。

こどもの頃は記憶力も良く、言語を覚えるには最適な時期だと言われています。
大人になるにつれ、新たに言葉を覚えると言う事は難しくなります。

子供の頃から慣れていれば自然と身に付き、抵抗を感じる事もありません。
人は苦手と意識するとなかなか克服できません。

苦手意識を持つ前に話せる様になってしまえば、これほど将来に役立つ事はありません。
早い時期から下地が出来ていれば、学校でも楽しく授業を受けれるので、こどもの時からの英会話は、人生の財産となるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ