英語喫茶にはメリットやデメリットもある

英語喫茶とは、英語を母国語とする外国人の方と英語で会話する事を主な目的として提供する英会話学校のことを指し、または英語喫茶と言います。
教師と言いますかインストラクターの外国人1人に対し、日本人5名とか複数人で1つのテーブルを囲み英語でコミュニケーションを行います。

一般的にフリートーク形式でやるところが多く、飲食などが自由に出来て、カフェで気軽にしゃべりながら楽しむことの風景が似ていることから英語喫茶と言われるようになったようです。

料金に関してはそれぞれの英会話喫茶によって違って、1時間を基本として時間制を取るところもあれば、1回の来店の滞在時間に関係なく、定額制を取っているところも存在します。

一般的な英会話スクールよりも安価な設定であるようです。

店舗の状況としては、英語喫茶が賃貸形式で借りている事務所を店舗として使用しているところもあれば、街中にある喫茶店をそのまま店舗として使用しているところもあります。

固定客の獲得のために定期的にイベントを開催したりしており、最近では各テーブルにPCを設置して、データベース化された顧客データをインストラクターがいつでも取り出せるようにして、それぞれの顧客のニーズに特化したサービスを提供したりする英語喫茶も存在します。

料金が安価でフリートーク形式であるために実践に近い状況で練習が出来て、好きな時間に行けるなどありますが、デメリットとしてインストラクターやなどが日によって異なったり、フリートークゆえにトークの内容が参加者によって左右されたりするところがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ