進む国際化社会に対応する為の英語留学

国際化社会が進む中、世界的な共通語である英語の学習は必須になっています。
日本でも、小学校低学年から英語の授業を始める学校が増え、内容も、以前の文法中心のものから実際に話せる様になる為の実践的な英会話術に変化してきています。
そして、より本格的な英語術を学ぶ為に、語学留学をする人も増えています。

英語圏への語学留学は、年単位でのアメリカやカナダへのホームステイが多いです。
単に会話術を学ぶだけでなく、実際の生活の中で、英語圏の風習を長期間に渡り身に付ける事が目的です。

一方で、最近増えてきたのは短期間の留学で、これは夏休みなどを使い、海外旅行感覚で勉強に繰り出すやりかたです。
もちろん、滞在先での勉強が大前提ですが、留学斡旋会社では、この方法に家族同伴というオプションを付けたツアーを提供しているところもあります。

留学をする年齢も多様化していて、以前は高校生や大学生がメインでしたが、今は30歳を越えての留学も珍しくありません。
一旦、就職し社会に出た後で英語の必要性に気付く事や、国際的な仕事に興味を持つ事で、自ら時間を作り語学を習得する為に留学します。

こういった人は目的意識がはっきりしているので、語学習得がうまくいきやすいと言えます。
また、語学留学には費用の心配がつきものです。

学生であれば、奨学金の助成機関があるのでそちらを利用すると良いでしょう。
社会人の場合、助成金機関はあるのですが、個人スキルのレベルによってはもらえない場合があります。

社内留学制度がある会社もあるので、仕事を辞めて留学を考えているという人は、まず社内規定を良く調べてみるのが得策です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ