表現力が高まり、書く習慣が作れる英語での予定管理

英語を日常的に学習して力を伸ばしたいと願い、自分なりに行動している人は多いと思います。
たとえば、学習用のテキストを入手して、毎日数ページずつ読み進めたり、リスニング教材やラジオ番組を毎日聞いたりする方法があります。
もちろん、そうした学習からも重要なポイントをたくさん知る事ができますが、予定の管理を英語で行う事がとても効果的な学習方法だと言えます。

これは、日常的に手帳などに書き込んでいる予定を英語で書くようにするという事で、予定の管理を英語で行うためには、書きたい内容を表す単語を知っている必要があるので、それらを学習する機会を作る事ができます。

自分がこれから行う事を意味するものや、時間や場所を意味するものなどの言い方を学ぶ事で、自分についてより幅広く表現できるようになります。

そして、単語がわからない場合でも、オンラインの辞書ですぐに調べる事ができます。
生活に密着した内容を表す単語を、できるだけ多く習得したいところです。

また、予定を英語で書いた手帳は自分だけが読むものなので、文法など細かい事を気にせずに続けられる事もメリットだと言えます。
でも、英語の文法が重要なのは間違いありませんが、とても厄介な事は学習方法です。

しかし、実際の英会話でも、名詞や動詞といった最も重要な部分を表現できれば、多少文法が間違っていても相手に意思が伝わります。
英語で予定を管理する事で、英語を書く事に抵抗がなくなり、英語を身近に感じられるようになる事でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ