企業が評価する人材は英語を使って仕事が出来る人材

最近では、英語を社内公用語にしようという企業が話題になり、数多くの企業が海外進出するなど、国際化社会で競争していく上では、今後もこうした企業が増えていく傾向にあると考えられます。
また、小学校でも英語を授業として積極的に導入し始め、早い段階から国際感覚を身につけようという意識も高まっています。

街を見渡してみても英会話教室の看板があふれ、その語学力を身につけて自分の仕事に活かそうと通う人がたくさんいます。

就職活動でも、海外からの留学生が採用されることが多く見られるように、英語力という武器がある人は、就職や転職に有利である状況が今後も続くでしょう。

現代の求人市場では、英語力を求める人材が増えており、ビジネスパーソンにとって英語は必須となるスキルになっています。
しかし、ただ英語ができれば世の中を生き残れるというほど甘くはないようです。

語学はコミュニケーションの一つのツールに過ぎませんので、語学力を重視し過ぎる評価は考えものかもしれませんし、英語が出来る人材は優秀な人材であると評価されるだろうと過信するのは危険です。

では、一体企業が求める、評価できる人材とはどういう人材でしょうか。
それは、単に英会話ができるだけでなく、英語を使って仕事が出来る、ビジネスが出来る人材です。

英会話をいくら一生懸命勉強しても、仕事を理解し、円滑に仕事をこなせなければ意味がありません。
例えば、いくら日本語が堪能な外国人でも、仕事が出来なければどうなるでしょうか。

語学力を活かして仕事が出来る、ビジネスが出来る人材こそ、これからの国際化社会に通用するビジネスパーソンだと言えるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ