英語の歌詞で歌うという事の効果について

日本の歌ではない、英語圏の歌を原語で歌うということは発音練習にもなり、また、アクセントなどを自然と身につけることが出来る大変効果的な英語の練習になります。
例えば、ミュージカル映画などの歌を、CDもしくはレコードを聴きつつ口ずさむだけで発音の練習になるのです。

特に好きな歌手の歌であれば、何気なく聴いているだけで暗記してしまうこともあるでしょう。
これは、一層効果的であると言えます。

言葉やその発音と言うものは、反復練習が大切です。
日本語で話しかけ続けられた幼児は、国籍を問わず日本語とその発音を身につけていきます。

それはどんな言語でも同じです。
大人になった場合、やはりそれまでの言語に縛られてしまうわけですが、決して遅くは無いのです。

歌を歌うという、非常に楽しい行為を繰り返すことによって、特に日本人が苦手とされる「英語の発音やアクセント」が自然に身についていくでしょう。
聞き流すだけでも、訳詩をイメージ出来れば何となく意味も繋がってきます。

歌うのが苦手だという方は、耳元で流し続けるだけでも効果的です。
少なくとも、これまた日本人が苦手とする「聞き取り」が自然に身につきます。

好きな曲を聴くだけでそれなりに言語が勉強できるというのは隙間時間にも出来ますし、通勤や通学の最中にも時間を無駄にせず出来ることです。

これを利用しない手はないでしょう。
ただし、公共の場所でのイヤホンの装着と音量にはご注意下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ