趣味のように楽しむことが出来る効果的な英語入門

英語入門として効果的な方法のひとつとして、本を原文で読むというものがあります。
読書家であれば、趣味の一環として楽しみながら出来るでしょう。
初めは日本語翻訳が既読で、尚且つ思い入れのある本を選ぶことをお勧めします。
また、シリーズ化されている小説などでも良いでしょう。

内容が頭に入っているのであれば、知らない単語や文法に出会ったとしても、いちいち辞書と格闘することなく理解することが可能です。
また、何度も同じ単語に行き当たるうちに、どういう意味を表すものであるか自然とわかるようになります。

ただし、推測のみで理解を深めることは決してできません。
思い入れのある本であるならば、細かいニュアンスまでも知りたいという意欲が自然と湧き上がってくるものです。

しかし、何よりも初めのうちはなんとなくで良いので、全てを読み通すことが大切で、それを何度か繰り返した後こそが辞書の出番になります。
なるべく英英辞典を使うように心掛け、慣れないうちやどうしてもわからない時だけ英和辞典に頼りましょう。

そして、その都度きちんとメモを取ることも重要です。
何故英和辞典ではなく英英辞典を使わなればいけないかというと、なるべく日本語を介さずに文章を読み下す力を身に付けることが英語習得への近道だからです。

簡単なことですから、いちいち日本語に翻訳して理解する癖を付けないことがポイントになります。
また、日本語翻訳と改めて読み比べて見ることも良いでしょう。
これを1冊、2冊と繰り返していくうちにしっかりと身に付いていきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ