中学英語でつまずかない勉強術は何事も基礎から

中学生になると部活が始まり、先輩後輩の関係や教科ごとに教師が変わるなど、小学生の頃とは違う大きな変化がいくつもあり、戸惑う事も多いのが現実です。
その変化の一つに、英語の授業が始まる事も大きな変化でしょう。
最近は幼稚園や小学校でも外国人講師による英語の授業が取り入れられていますが、教科書をしっかり使用して学ぶ英語には、早いうちから苦手意識を持ってしまい英語自体が嫌いになってしまう生徒と、英語の楽しさに目覚めて英語が好きになる生徒の二極化が進んでいます。

中学英語で基礎からつまずかずに学習する良い方法は、どの教科にも通じる事ですがとにかく書く事で、書いて脳にインプットします。
そして、書く為に良く見るのも良い方法で目でしっかり見て、さらには声に出して発音し自分の声を聞きます。

聞き流す英会話のCDも話題になっていますが、耳で聞くことは脳への刺激にとても効果的です。
少し苦手意識を持ち始めた人なら、今から基礎へ戻ってやり直すのもいいでしょう。

すぐに成果が出なくても、努力した分は良い結果となって表れます。
英語が少し好きになり始めた人や、元々好きだという人は英検の受験をお勧めします。

最近は高校入試の内申点の評価に英検3級が優遇される動きが全国的にありますし、自分を試すチャンスは合格不合格の結果よりも大きな自信を手に入れる事が出来るでしょう。

その自信が英語以外への相乗効果も生み、授業自体が楽しくなり、有意義な中学校生活が送れる事に繋がります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ