中学生から始まる英語を楽しく学ぼう

以前は英語の学習は中学生からという考えが多く、また、授業の科目としてスタートするのも中学からでした。
最近では、幼少期から英会話スクールや先取りで塾などで学習していたり、小学校で総合の時間などを利用して教えている事もあるので、中学で初めて英語と出会うという事は少なくなっています。
中学生からの英語は、アルファベットの学習は勿論、基礎から始まります。

中学1年生で習う基礎をしっかり学ぶ事で、2年生、3年生で学ぶその後に繋がっていきます。

解らない単語は辞書で調べる癖をつける、授業で理解できなかった内容は先生に聞きに行くなど、解らないままにしない事が大切で、教材に付属しているCDを繰り返し聞くことも、耳が英語に慣れるのでお勧めです。

また、中学生は小学生の時と違い単元ごとのテストではなく、中間テストや期末テストといった具合に定期テストもあります。
それなりに範囲が広いので、常日頃からの予習復習の反復が結果を出します。

毎年3回、英検と呼ばれる英語検定試験も開催されているので、スキルアップの為に受験してみるのも目標が出来て良いでしょう。
英検を取得すると高校受験の際に推薦が貰えたり、取得している級によっては単位免除という制度もあります。

英語を学習する事で、英検やTOEICなどの資格取得や、高校受験やその後の大学受験のため、日常の成績アップの為など、目的や目標が出てくる人もいます。

未来の自分の世界を広げるためにも、中学生で基礎をしっかり学ぶ事はとても大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ