英語の挨拶のコツとポイント

英会話を学習する際に、最初にマスターするのが様々なシーンでの挨拶ではないでしょうか。
日本人は初対面の場合には最初にお辞儀をしますが、欧米人は相手の目を見て握手を交わすことから始まります。
言葉を交わす以前に笑顔で相手の目をしっかり見つめることが基本とされていて、日本人は相手の目を見て話すことが苦手な人も多くいますが、欧米では見つめ合って挨拶することが上手なコミュニケーション方法です。

英語で挨拶する機会は様々ありますが、一般的に多いのはビジネスシーンです。

初対面の挨拶をする場合のコツは、微笑むだけではなく自分から手を差し出して力強く握手することで、そのことによって相手に良い印象を残すことが出来ます。

初対面ではやはり第一印象が大切になってきますので、少しオーバーリアクションの方が好印象でしょう。
更には、「お会いできてうれしいです」と付け加えると更に好感度がアップします。

もう1つのコツは自己紹介についてで、名前を言うだけではなかなか覚えてもらえないものですが、自分の名前の由来や意味を付け加えてみると良いでしょう。

話題が広がり、お互いの緊張もほぐれ、その後のコミュニケーションが取りやすくなります。
そして、相手に気遣いや配慮を示すことも大切で、例えば「わざわざ遠い所から来てくれてありがとう」や「日本を楽しんで下さい」といった気持ちを添えると、より心に響きます。

相手に対する気遣いや配慮は、英語で挨拶する上で1番のポイントとなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ