英語の意味や知識だけでなく教養も身につけられる資格

社会の変化が激しい中、自分に合った仕事を見つける、自分に合った仕事に就くということは大変ですが、就職活動においては資格の取得が一つの武器となります。
中でも、語学に興味があり、語学に関連した仕事をしたいと考えている人にお勧め出来る資格の一つが通訳案内士です。

これは、日本を訪れた外国人に外国語でガイドをする能力を身につけるもので、日本語の意味と外国語の意味の正確な理解という言語力の他に、それぞれの観光地や建造物の歴史的・文化的な意味も理解しておく必要があるので、通訳案内士は合格率が10%前後と資格取得が難関な試験として知られています。

英語限定の資格としては観光英語検定というものもあり、こちらは合格率が40%前後で通訳案内士よりも比較的取得しやすい資格です。

近年、日本国内には海外からの旅行客が増え、さらなる国際化が進むことが見込まれている他、2020年には東京オリンピックの開催も控えており、英語をはじめとする語学関連の資格をもっていれば就職にも有利となるでしょう。

語学関係の資格を目指す場合には、自分の環境に合わせた学習方法が用意されています。
近くに学校がある場合や時間が取れる場合には通学型、学校が近くになく忙しい人には通信講座がお勧めです。

日本の歴史を再学習出来る通訳案内士などの仕事は、就職の可能性を広げるだけではなく、自分の国のことを知る機会にもなります。
資格というと英語力を図る英検やTOEICなどの試験に目がいきがちですが、それだけではない魅力がある資格にも注目してみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ