英語を活かした仕事を目指すならスキルアップから

国際化が進んでいる現代、英語が好きでその語学力を活かした仕事をしたいと考える人は増えています。
最近では、社内公用語が英語という会社も珍しい事ではなくなっています。
ある程度の英語力があればよいという場合や、日常会話程度、または、ネイティブと同等の語学力が必要な事もあり、目指す職業にもよりますが、英検の取得だけでなくTOEICもある程度の点数を取っている事が条件とされる所も多くみられます。

また、国内、海外のどちらを拠点にして働くのかでも求められる語学力に違いがありますが、どちらにしても高いコミュニケーション能力が必要となります。

職業先も学校の先生や塾の講師、英会話スクールの講師をはじめ、通訳や英文の翻訳、ツアーコンダクターといった職業から、高い語学力が必要とされる客室乗務員、語学力に加えて学力も必要な外交官や国連職員と様々です。

学生時代に語学留学するなど、語学力アップやコミュニケーション能力の向上を計るのも良い経験になるでしょう。
また、仕事として英語を活かしたいのなら最近はTOEICが重要視されてきています。

面接の際にどの程度のレベルなのか問われる事も多いので、英文が読める、理解できるだけでなく、話せる事も重要です。
そして、語学力に併せてパソコンの知識や技能が必要な職業もあるので、そちらも検定試験などで資格を取得しておく事が望まれます。

英検取得と同時にTOEICにも力を入れて、自分の視野や価値観を広められる英語を活かした仕事を目指しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ