英語の契約書の作り方について

近頃、英語が得意な方が増えてきました。
日常英会話程度なら話が出来るという方も多く、ビジネスの場では社内での会話は英語のみという企業も多くなってきています。
しかし、英文契約書を作成出来るまでに実力を付けるには、時間と費用が必要となることは否めません。

英文を作成する能力と共に、各国の法律や規定などにも精通していなければなりませんので、個人で作成するには難易度が高くなります。
では、作成方法にはどんな方法があるのでしょう。

コンサルタントや行政書士などに依頼する方法、法律事務所や個人経営の弁護士に依頼する方法などが挙げられ、もちろん英語に自信のある方なら自分で作成するのも一つの方法です。

コンサルタントや行政書士などに依頼する方法は、経験豊富な信頼の出来る人に依頼しましょう。
コスト面では、弁護士に依頼するよりも有利になります。

法律事務所に依頼する方法は、大手と言われている所に必ずしも優秀な弁護士がいるとは限りませんので、大手、中小問わず実際に会って話をしてみる事をお勧めします。

個人経営の弁護士でも有能な方は沢山いますし、コストの面でも大きなメリットがあります。
大手においてはブランド料の加算され費用が割り増しになる場合も多くあるので、ブランド力ではなく能力に比重を置いた選択が大切です。

ビジネスにおいても個人においても英語の契約書は独特の規定がありますので、英語が得意という方でも専門的知識の不足でミスを犯してしまうことも考えられます。

信頼性と有能性を重視して、プロに任せる事をお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ