英語構文とは英文の構造のことです

英語構文とは英語の文の構造のことで、大文字から始まってピリオドまであるものが本来の構文とされています。
しかしその定義は曖昧で、文法でも熟語でも独自の構造を持つ、特徴的な型と定義している方もいます。
英語の構文の基本は主語+動詞の組み合わせです。

日本の高等学校では、主語+動詞、主語+動詞+補語、主語+動詞+目的語、主語+動詞+間接目的語+直接目的語、主語+動詞+目的語+補語の、基本5文型と言われている5つの英文の型を学びます。

その他の構文には、否定文やItを仮主語とした文、比較文や使役文、疑問文など多数あり、理解することに時間を要する面は否めません。

文法や熟語との違いが曖昧な点から構文の学習は必要ないのではと考えられている風潮もあるようですが、一方で、構文を記憶しておけば様々な文章の構造や意味の理解に役立つ面もあるとされており、学校教育の現場での英語学習には欠かせないものになっています。

構文に関する教材も多数あり、参考書をはじめ問題集や解説集など基礎から応用まで学べる教材があります。
受験に必要な重要構文をまとめた英語構文150や英語構文540は、受験生に最適の教材として注目されています。

また、必修英語構文は掲載英文を録音したCDが付属されており、文を音で聞きながら学習出来ますので、毎日の予習や復習に活用出来ます。
英語を学習する上で構文の必要性は人それぞれですが、学力向上に大きく影響するものである事は確かです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ