現場で求められる医学英語

医療の現場で用いられている言語はドイツ語が多く、メス・ウイルス・アレルギーといった言葉は一般的にも使われています。
これは、医学の発展がドイツから広まったためですが、現在ではカルテ記入に言語の決まりは無いので、日本語や英語が多く使用されています。
医療機関では、カルテ以外にも医学英語を目にする機会が多くあり、また、2013年には外国人旅行者が一千万人を超え、医療機関を受診する割合も増えています。

医師や看護師をはじめとする医療従事者は、英語でのコミュニケーションが取れる会話力が求められています。
場所によっては医療通訳を配置している所もありますが、まだまだ認知度は低いです。

通常の英会話であれば、スクールに通ったり通信講座を利用するなどして学習出来ますが、医学英語は専門用語で、英訳の表現が難しい部分もあります。

医学英語だけを学ぼうとすると専用の教材が必要になり、とまどう人もいるでしょう。
しかし、医療機関などで働いていれば、日常業務の中で使用されているので、自然と単語として覚えているものです。

日々の積み重ねに実用性と応用力をプラスする学習をすれば、スキルアップになり業務の幅も広がります。

ウェブでは無料で利用出来るサイトが数多くあり、英語の論文を書いたり読んだりする際に参考になる例文を紹介していたり、診察室でのコミュニケーションを画像で学習するなど内容も様々です。

自分に合った学習方法を選び、技術的にも知識的にもスキルを身に付けましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ