英語で対応するコツを教えてくれる英会話

世界共通の言語というと英語で、多くの国や地域で使用されています。
海外の会社とやり取りをする機会が増加傾向にある企業も多く、また、東京で開催される予定のオリンピックは、世界各地から大勢の人が訪れる事が見込まれており、これらの要因をきっかけに英会話を習い始める人が急増しています。
また、TOEICという世界共通のテストでは自分のコミュニケーション能力を測れ、誰でもテストを受けられるので自分のレベルを知る目安として受験する人も多くいます。

英会話でコミュニケーションが取れるようになれば、表現力や対応力などが幅広くなるため、転職や就職のキャリアアップにも繋がります。
また企業側でも、判断材料としてTOEICのスコアを取り入れているところがあります。

しかしながら、通常のビジネスシーンには問題ないレベルの語学力の場合でも、電話で行われる英会話の対応はなかなか難しいものです。

直接会話をする状況では気兼ねなく聞き直したり、ジェスチャーを加えて話す事も出来ますし、また、自分のレベルを相手に理解してもらえますが、電話は突然顔の見えない相手と話さなければならないので難しいと感じるケースが多いようです。

このような時はまず、ゆっくりとはっきりと話すように心掛けましょう。
ヒアリングに自信のない場合は特に、流暢に話さないように気をつけます。

ゆっくり、はっきりと話せば相手に自分の英語力があまり高くない事を伝えられるので、相手もわかりやすく対応してくれるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ