映画で学ぶ英語の勉強法

英語を覚えると、海外のニュースや雑誌の情報が理解出来、外国人とのコミュニケーションも円滑に行えます。
勉強法には様々なバリエーションがありますが、映画で英語を覚える勉強法を紹介します。
映画には、何気ない話し言葉や相槌のタイミングなど、学習書や学校の授業では学べない表現が沢山詰まっています。

まずは、自分の好きな映画やジャンルから始め、楽しみながら覚える事を意識しましょう。
特にラブストーリーは、日常で使える表現やセリフが多いため勉強するのにお勧めです。

だからと言って何本も観ると、その分覚える内容も増えてしまいますから、まずは一本に絞った方が進歩しやすいでしょう。
ポイントは全て通して観るのではなく、15分位のパートごとに分けて覚えます。

また、難しい表現は無理に頭に入れようとせずに、悩んだら飛ばして、次に進む割り切りも大切です。
最初は聞き取れなくても、英語を意識しながら観ているうちに自然とリズムやタイミングのコツが掴めてくるので、焦らず伸び伸びと進めていきましょう。

なかなか一本の映画に絞れないという人には、全世界で話題になった映画「ハリーポッター」シリーズはいかがでしょうか。
これはしっかりとした発音のため初心者でも勉強がしやすく、シリーズによっては内容が難しいものもあるので、中級者でも満足出来ます。

より難しい映画に挑戦したい人は、「ソーシャル・ネットワーク」をお勧めします。

主人公が早口な上に論理的表現が多いので、英語が得意な人にはやりがいのある映画です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ