英語の上達に役立つCDの活用術

耳から聞いた情報は脳に多くの刺激を与え、記憶に残ると言われています。
英語の学習に重要なのは正確な発音の耳への記憶なので、ヒアリングのCDをとにかく繰り返し聴きましょう。
初心者の方は特に、憶えようと力まずに、まずは発音に慣れる事から始めると長く続きます。
机の上での勉強は時間も場所も必要ですが、CDを聴くのは何かをしながらでも出来ます。

お皿を洗いながら、通勤や通学の電車の中、ドライブ中など、時間を有効活用すれば、勉強しなければというストレスからも解放されて学習効果が上がります。

習慣にしてしまい、聴かずにはいられない位になるのが理想です。
そのためには適した教材選びも重要で、数ある学習教材の中でも定番と言われる「1,000時間ヒアリングマラソン」は、多くの方から好評を得ています。

1日3時間、1年で1,000時間を目標に、続ける事の大切さと英語は耳から上達をコンセプトに、ヒアリングを聴く習慣化を目指します。
テキスト内容は有名人の話題や身近なニュースなど、詰め込み式の勉強ではない事も多くの人に支持されている理由です。

そして、基礎から徹底的にもう一度学習したいという方には「英語ぺらぺら君中級編」がお勧めです。
中学校で習う英語を使って英会話がマスター出来るので、初心者向け教材として多く利用されています。

中学時代を懐かしく思い出しながら親子での活用も出来ますし、書き込み式のテキストはなく、耳から発音を聴く学習のみで続けやすいのが特徴です。
英語の上達に、CDでの学習を取り入れてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ