ビジネス会議での英語の必要性

ある雑誌社のアンケートで、「社内会議で英語を使用する事があるか」という問いに、100社中57社があると回答ています。
日本の企業でも、国際ビジネスにグローバルに対応できる人材育成をする企業が増えており、楽天やユニクロでは、社内での公用語として使用する事を発表して話題になりましたし、住友商事では、海外現地法人の社員が参加する会議では、日本人の数に関わらず英語で進められています。

今後、社内公用語の英語化を検討している企業も多く、新規採用の平均評価基準はTOEIC600点以上が対象となっています。
在職している社員についても、研修や教育プログラムを実施して英会話力の向上を図っている企業もあります。

三井物産では、海外赴任の選定基準をTOEIC730点としており、社員の更なるレベルアップを評価にプラスしています。
こうした背景を受けて、個人で英会話スクールに通うなどして勉強する人もいますが、実際のビジネスの場では、表現が難しい英単語もあります。

電話会議では通訳サービスを利用する企業もあるものの、多くは社員一人ひとりの会話スキルが求められており、会議での挨拶や自己紹介、進行役やプレゼンテーションなど、ビジネスシーンに合わせた英語を使いこなす事が必要です。

インターネット上でも、実践法としてのビジネス英会話の紹介サイトが多く存在するので、これらのツールを上手に利用して、日常的に英語力を身に付けると良いでしょう。

個人のスキルアップは仕事の幅を広げると共に、国際社会に通用する企業への成長に役立ち更なる飛躍が期待出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ