中学生の結果が出る英語勉強法

中学生で英語の勉強の仕方が分からない、勉強しているけれどテストで思うような結果が出ないといった悩みはありませんか。
定期テストといった場面で良い結果を出すには、まずは単語を確実に覚えることが重要です。
覚えるポイントは、最初に英単語を見て日本語を答えられるように、また反対に日本語を見て英語が答えられるようにします。

読み方が分からない場合は、英和辞書で調べたり、先生に聞いたりしてスラスラ読めるようにし、さらにノートなどに書いて繰り返し学習すると良いでしょう。

次に、教科書の英文を音読します。
音読をすれば英文も単語も頭に入るようになり、長文問題やリスニング問題の対策にもなります。
ここまで学習したら、文法を覚えるための問題集を解いていきます。

勉強し始めによく問題集から手を付けてしまいがちですが、始めから練習問題を解いても書かれている単語の意味が分からず、結局答えを写すだけになってしまうので、きちんと単語と英文を覚えてから問題を解くことが大切です。

こうした問題集では、学校で使っているワークや教科書に沿った問題集を使用し、間違えた問題は後からもう一度解いて出来るようになるまで練習します。

何度も問題を繰り返し解くと様々なパターンにも対応出来るようになり、応用力が付いて点数アップに繋がります。
このように英語の勉強は、段階を踏んで少しずつ学んでいくことが大切です。

勉強は継続すると結果が付いてきますから、すぐに諦めずに繰り返し学習を行いましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ