英語学習の基本である正しいスペルを学ぶ事の大切さ

英語を活かした仕事に就きたいと考えている人にとって、自分の英語力を示す指標として様々な検定があります。
その一つが英検(実用英語技能検定)と呼ばれる検定で、1級、準1級、2級、準2級、3級、4級、5級の7つがあり、毎年約250万人が受験しています。
受験資格には制限がなく誰でもが受験可能で、その試験内容は1~5級ともに筆記とリスニングのテスト、4級と5級以外には二次試験があります。

その英検の中でも最難関である1級を目指す人にとっては自由作文が重要となっており、その作成のためには、正確なスペルで書くことはもちろん、作文の論理展開に問題が無いことが要求され、合格のための関門は非常に高いです。

実際の合格率でも5級の合格率が80%を超えるのに対し、1級は9%前後と低くなっています。
英検の取得を目指すなら、基本的な学習で日頃から正確なスペルで英文を書けるようにするのが重要です。

他の英語関連の資格としてはTOEICと呼ばれる試験がありますが、TOEICの場合はマーク式の答案になっており、直接スペルの正誤を問われることはありません。

TOEICは英会話能力が試される試験であるからで、ビジネス分野でのコミュニケーション力を利用される事が多い資格となっています。

とはいえ、グローバルな展開をする企業では、ビジネス文書の作成をする際などにある程度の文章作成能力が必要とされるので、スペルに関しての学習もおろそかには出来ません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ