国際医療英語認定試験をご存知ですか

国際医療英語認定試験はCBMSと略される事もあり、医療現場で用いる英語力を評価する認定試験で、2011年から毎年開催されています。
医師や看護師、薬剤師や臨床検査技師をはじめとした医療現場で働く人や、製薬会社や医療機器メーカー、旅行業や通訳などの他、医療関連の学部の学生など幅広く受験されています。
この試験によって医療英語力の向上が促され、外国人患者と円滑なコミュニケーションが図れ適切な医療提供が出来る様になるのが最大のメリットです。

更には、その語学力が国際的な医療現場での活躍やスキルアップに繋がる事も期待出来ます。

試験内容は、医療英語初心者向けの入門コースと、日常英会話が出来て更なる専門的な医療英語に挑戦したい人向けの上級コースの2つに分かれています。

リスニングとリーディングの2構成で行われ、合否判定では無く獲得点数で英語能力を評価する採点方法を取り入れており、分野別の正答率が算出されるので、試験後の更なる学習の参考資料になります。

獲得点数は英語力のスキルを示すものになりますので、就職や転職などの際には自信を持って語学力をアピールする事が出来ます。

最近は、大病院でも外国人患者との言葉の壁が診察困難な状況を生んでいる所が多く社会問題にもなっていますので、英語のスキルが高い人材は確実に必要とされるでしょう。

教育プログラムとしてセミナーや教材の提供を行っていますので、医療に携わる方、または目指している方は受けてみては如何でしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ