大学受験に役立つ英語の勉強法

大学受験において英語は合格に導くカギとなります。
文系理系関係無く、英語の得点の高さで合否が決まってしまうことも稀ではありません。
受験を目標としている英語と学校で定期的に実施されている試験や英会話の勉強には違いがあり、塾などで行われている授業では独自の勉強法が取り入れられています。

いくつかのポイントを挙げてみますと、過去問を解いて何点取れるのかを知ることから始まり、自分の現状を知ることは目標の設定に役立ちます。
現状と目標の確認は、戦略上重要なポイントのひとつです。

その次に行うことは、どのようにしたらその差を埋められるのかを考え、具体的に学習計画を立てることです。
自分に合った参考書や問題集などを見極めて、どのように利用して行くのか計画を立てます。

更にポイントとしては、決めた計画を実践し、毎日ひたすら勉強することです。

勉強に集中したり、モチベーションを維持出来る環境作りも大切になってきますので、勉強の場を図書館などに変えたり、友達と一緒に勉強したりと工夫してみるのも良いかもしれません。

また、勉強法とは違いますが、大学受験のピークは冬という点も忘れてはいけません。

風邪などで体調を崩してしまいますと、勉強に支障をきたすばかりではなくモチベーションも下がってしまいかねませんので、健康管理も大きなポイントと言えます。

受験は要領であると唱えている方もいるように、なんとなく勉強するのではなく計画的な効率の良い勉強法で大学受験を制覇しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:英語

このページの先頭へ