デザイン求人について気をつけておきたいこと

インターネットが普及し、現在次から次へとインターネットサービスが誕生しています。
それにともなってIT系の求人がとても増えてきています。
IT系といえばプログラマーと考えてしまいますが、こうした現在のインターネットサービスは、視覚的にどれだけ美しいかということも求められており、デザイン系の求人も良く見るようになりました。

しかし、デザイン系の求人とはいえ、画像処理系のツールがただ扱えれば良いというわけではありません。
それはプログラマーも同様で、その言語を知っているだけではいけません。

実務経験として企業でどれだけコーディングしたかが一種の信頼の証拠であり、技術力の裏付けであるからです。
デザイナーも、資格がものをいうより、むしろ実務的にどれだけクライアントの要望に応えたものを仕上げたかが重要になります。

デザイン系はまた、グラフィックだけが出来れば良いというわけではありません。
使い捨てにならないためにもweb開発などのコーディングは身につけておきたいところです。

自身が作ったデザインを自身で埋め込み、思うようにコーディングできなければ本当のデザイナーとはいえないでしょう。

デザイン業界はこれで良いというゴールがない分、常に新しい技術や流行にアンテナを巡らせねばならず、日々の変化に対応できないようでは、将来安泰という保証はされません。

ですのでやる気と同時に、鋭敏なアンテナと、対応力や柔軟性が最終的に自分自身を助けることになるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:求人

このページの先頭へ