求人情報誌やインターネット,ハローワーク求人検索を使い分けて

最近は、求人情報誌やインターネットで簡単に求人検索が出来る時代になり、ハローワークを利用しなくても仕事を見つけることができるようになりましたが、まだハローワークを利用している人もたくさんいます。

それは、ハローワークの業務が、仕事を探している人に対して、職業相談や職業紹介などの求職支援をするだけでなく、失業者に対して失業手当や教育訓練給付などの雇用保険手続きをしたり、面接の練習とか履歴書・職務経歴書の書き方を学んだり、就職に必要な資格や職業訓練情報の提供といった求職者向けのサービスも行っていることにあります。

最近はハローワークの求人も、自宅からいつでも求人検索が出来るようになり、気に入った仕事が見つかったら求職相談に行けば良く、求職の際の労力や時間的負担を軽減でき、とても便利になりました。

求人情報誌やインターネットでの求人検索と、ハローワークでの求人検索のどちらが良いかは、一概には言えません。

求人情報誌やインターネットでの求人検索は、広告費を払って掲載をしているため、比較的資格や高いスキルを求められるが求人が多いです。
また都市部や若年層の求人が多いと言えます。

それに対しハローワークは、求人募集に手数料がかからないので、地元の中小企業でも簡単に登録をすることができるため、どうしても地元の会社に就職したい人にはお勧めです。

また就職が困難な障害者や高齢者を雇用すると助成金が支給されるため、障害者や高齢者の求人も少なくないのも事実です。
求人情報誌やインターネットでの求人検索とハローワーク求人検索を上手く使い分け、仕事を探すことが早期に就職するには重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:求人

このページの先頭へ