静岡県の求人広告を見て気づいたこと

静岡県内の求人情報を見ていると、目に入ってくるのは、自動車を筆頭にオートバイや楽器、電気部品関連工場などの求人です。
「ものづくり王国」と呼ばれている静岡県内には、伝統の技から最新技術まで、優れた技がたくさん揃ってます。
静岡県では、明治時代から楽器産業が発展してきました。

明治2年ごろ、ある小学校にあったオルガンを修理したことがきっかけとなり、明治22年に製造所を設立して、オルガンの製造を始めたのがその興りだと言われています。

製造所は大手の楽器製造株式会社へ姿を変え、やがて世界への輸出も始まって、日本のピアノが世界に認知されるようになり、楽器の中でもとりわけピアノ製造の一大拠点となっていきました。

また、ピアノだけではなく、大正3年にはハーモニカの生産が始まり、そのほか木琴や卓上オルガンなどの玩具用小楽器の生産も開始しました。

戦後になって、学校で音楽教育が広まったことや、量産体制が確立したことが追い風となり、静岡県の楽器産業は昭和33年以降の高度成長期時代とともに発展し、昭和50年代半ばまで電子楽器開発の流れへ受け継がれていきました。

今では、ピアノや電子楽器、和洋楽器の出荷額は全国でトップを誇っています。
楽器メーカーでは製造工程が見学でき、音を五感を使って体験できる参加型博物館や、世界中の楽器を展示している博物館があります。

手作り楽器体験ができる場所もあるので、楽器から生まれる美しい音色を体験してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:求人

このページの先頭へ