アパレル業界の求人として必要なのはグローバルな視点

近年のアパレル業界は、個人消費の低迷や百貨店の業績不振、消費価値観の変化により厳しい状況です。
百貨店を中心に展開する高価格路線のメーカーは特に苦戦を強いられる一方で、製造小売まで一括で展開する低価格路線のメーカーは順調に業績を伸ばしています。

景気の停滞感により消費者の購買意欲は低下し、一部の富裕層を除いて、消費者の傾向は安くていいものを選ぶようになりました。
ここ数年の間に、ファストファッションが若年層を中心に人気となり、スウェーデンやアメリカなどの外資系企業が参入してきました。

そのような状況の中、アパレル業界の求人の動向として、二極化の傾向が目立つようになってきています。
市場は、高級ブランドに代表されるラグジュアリーマーケットか、マスマーケットかに二分されつつあります。

したがって、求人としては未経験者より経験や専門性を重視した人材が求められています。
今まで経験してきた職種と違う職種に就くより、経験をベースにステップアップする転職の方が成功しやすいと言えます。

アパレル業界のキャリアプランを考える際、自分自身が何を目指し、どんな仕事をしていきたいのか目標を持つことが重要です。

また、どんな職種を目指すとしても、その商品が好みだったり、そのブランドのコンセプトが好みという、商品やブランドを愛する気持ちが必要であり、ビジネスとしての面白さを求めてステップアップするために、数字の構築やマネジメント、経営的視点も併せ持つ必要があります。

ビジネスのグローバル化により、語学力を磨いて、より高いコミュニケーション力も求人項目として取り上げている企業も増えています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:求人

このページの先頭へ