美術求人の究極は、これだ。

古来より、美とは尊く芸術は偉大なりというように、今や私達が当たり前の認識の下、口や耳にしているこの美術という単語は、それほどに重く慈しまれている事をどれだけの方がご存知でしょうか。
その美に奉仕するために、これまでに流されてきた血の数はあまりにも多く、命もまた数え切れません。

その中でも、その美を世界に広め伝える人達もいるように、その上で発生するリスクを防ぐために組織されるガーディアン(ガードマン)達がいます。
たとえば、金額に換算できないほど価値の高い絵画があるとして、国同士の友好のためにその絵画を貸し出さなければならない場合があったとします。

そのような場合、その絵画を文字通り命がけで護るために、その道の専門家の中から、選りすぐられた者達が運搬から展示管理までを取り仕切ります。
美に生涯奉仕していく事を何よりの誇りとする彼らにとって、これほどの名誉はありません。

もちろん、それは雑誌の求人広告やネットなどで見つけられるような職種ではありませんが、確かにそういった人達が存在しています。
美術館や画廊などの求人とはまた違う次元の話ではありますが、そういう世界が確かにあるのです。

普段、私達はそんな事とは無縁に、娯楽や趣味の一環として美術というものに触れていますが、その裏には本当に壮絶なドラマがあります。
時には、そんな事を頭の中で巡らせて、美術鑑賞するのもいいのではないでしょうか。

そうすれば、また違った世界が広がって見えてきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:求人

このページの先頭へ