香川県の求人はうどん屋など地場産業中心に動いています

香川県は、日本で一番面積の狭いところです。
瀬戸大橋で本州と連絡しており、四国の産業や経済において重要な役割を果たしています。
瀬戸大橋がある坂出市は、造船業や石油工業が盛んです。

また、四国の流通の要である高松市は、関連して倉庫業、軽工業が目立ち、これらのエリアや近郊周辺は、工場スタッフや倉庫スタッフの求人が数多くあります。

平地が多く、県全域に人口が分布しているため、情報通信業、卸売、小売、サービス業といった第3次産業の従業員数の割合が四国で最も多くなっています。

最低賃金が四国地方の中で最も高く、他県との差があり優位な点でもあります。
香川県は、2012年の流行語大賞で「うどん県」がノミネートされました。
以前よりも全国に讃岐うどんのPR効果があり、うどんの消費量全国1位で、地元民にとっても大好きなうどんです。

求人では、四国の流通の中心である香川県は、高松市、丸亀市を中心にアパレルや情報家電等の販売スタッフと並び、うどんチェーン店やセルフうどん屋の店舗スタッフ、接客スタッフとして個性の強い地元ならではのアルバイトとして人気があります。

香川県の求人は近年、メーカーや住宅、建設、不動産関連が活発です。

また、経理や財務関連は、業種を問わず求人が増えており、他にも、電子、機械、印刷から東讃の地場産業である手袋業界と多岐に亘っています。
香川県へのIターンやUターンの転職成功者も出てきています。

地元企業との強力なパイプをもつキャリアコンサルタントの応援をもらいながら、香川県での就職を目指してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:求人

このページの先頭へ