WEBデザインをするデザイナーの求人募集も多く見られます。

WEBデザインと呼ばれる言葉を最近よく耳にしますが、WEBとは、インターネット上で画像や文字などをレイアウトして、思う通りにアクセスできる仕組みで、解かりやすいものではパソコンで良く見るホームページなどになります。
WEBデザインとは、見た目が鮮やかであったり、見た人の興味を誘ったりなどいろいろな手法が存在しますが、それらを駆使して納得するものを作り上げる事がデザインであり、それを手掛ける職業がWEBデザイナーで、今や若者が多く憧れる人気の職種にあげられます。

求人募集サイトなどを見ると、WEBデザイナーの求人も多く見られます。
年齢や学歴で判断される事なく、能力評価次第で多額の収入も得られます。

評価対象のデザインセンスは大きなポイントですが、勉強だけで誰もが身に付くものではない為、とても貴重で、専門知識とデザインセンスが要求される技術職で、一般より高めの収入であることが多くそれも一つの魅力になっているようです。

しかし一方で、仕事がクリエイティブであれば残業も必然、時給で計算してみるとあまりの少なさに驚く事も少なくありません。

ホームページを作るデザインセンスと知識、技術さえあればなれる職業で国家試験もなく、WEBデザイナー検定はありますが、独学でも就職が可能です。

結論から言えば、独学でWEBデザイナーになる事も可能です。

しかし近況では、それなりの努力を必要とし、以前に比べるとWEBデザイナーも増えているし、実力のみが評価される業界なので基礎的な能力も持ち合わせていないと生き残る事自体難しいといえます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:求人

このページの先頭へ