求人はあれど、なかなか遠いライターへの道

一口にライターといってもさまざまありますが、ここでは出版社や編集プロダクションから依頼を受け、雑誌や書籍、Webサイトなどに掲載される記事を書く一般的なライターについて説明しましょう。
興味のあることを文章にし、作品として多くの人に読んでもらえる、やりがいがあり華やかな印象の仕事ですが、サラリーマンのように安定した収入はなく、リサーチやアポイントの取りつけや校正など、地味な作業も多いので根気強さと体力も必要です。

特定の分野での知識や経験に自信がある、スケジュール管理ができる、独立願望があるなどの方は向いていると言えます。
文章を書く仕事がしたいという方がまず考えるのは、どうやったらできるのかということでしょう。

この職業は特殊で、資格や検定もなければ勉強できる専門学校などもほとんどありません。
求人を見ても、実績が必要な場合が多いのが実情です。
では、未経験では無理なのかというとそうともいえません。

これまでにどういった文章を書いてきたかをアピールするために、日頃から作品と呼べるものを作っておく、公募に応募して賞をとるなどもひとつの手です。

また、編集者やデザイナー、カメラマンなど、多くの人と協力して仕事をしていくので、コミュニケーション能力も必要となります。

日頃から、さまざまなジャンルの知識や情報収集も欠かせません。
名刺を作り、フリーで名乗ることもできますが、自分で仕事を取ってくるのは容易ではありません。

自分がどんな記事を書きたいのかを考え、それに必要な職業に就いて知識を深めてから、それに関する出版社の求人に応募することは一見遠回りなように見えますが、必要とされる知識を持っていることで重宝されることは間違いないでしょう。

また、在宅でできる文章を作成する業務の仕事もあり、こちらは初心者歓迎のところも多いので、そういったところで仕事をしながら経験を積むことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:求人

このページの先頭へ