東京都の学校の図書館司書(司書教員)の求人について

学校につきものの施設として代表的なものに図書室(図書館)があります。
そこには、多くの場合、専門の司書(司書館教諭)が付いて、図書の管理をしています。
以前、都立学校では各学校に選任の図書館司書を採用し、全日・定時制の両方を設置する学校では、それぞれに司書教員を配置してきました。

学校の図書室を多く利用した経験がある方も居れば、あまり利用してこなかった方も居ると思いますが、図書館司書とは、どのような書籍を新たに購入し、一方、どの書籍を処分するか、一般の教員と相談しながら管理をする業務です。

ある面では地味ながら、なかなか大変で欠かせない大事な業務と言えます。
しかし近年、財政上の問題なども含めて、東京都では学校図書館司書を専任では配置しなくなっています。

代わって、業務委託という形で人材派遣会社に入札し、契約した人材派遣会社から配置されています。

確かに、財政(給与面)では効率化をしていますが、複数年にまたがって一つの学校に勤務をし、学校や生徒の特徴を把握して図書室の整備をしていくのは難しくなっているので、ここは一長一短のところです。

専任の司書を配置し、学校や生徒の特徴を把握して整備をしていくことが事実望ましいところではありますが、一方、ではどれだけ利用されているのか、これは、生徒のみならず、教員にもあてはまるところではあります。

どちらがよいのかは一概に言うのは難しいでしょう。

以上のことから、司書教諭の免許を取得し、教育現場での求人を探している方には残念な現状ではありますが、どのような雇用形態ではあれ、必要であることには変わりはありません。

実際の就職に関しては、就職課あるいは現職の方に相談してみることをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:求人

このページの先頭へ