現代社会における専門職人の求人と就職について

ようやく景気回復が進んできていると言われているここ最近の世の中において、求人の需要と供給が伴わない業界は多々あります。
飲食業界、建築業界、製造業界などが顕著ですが、そういった業界に共通する一般的イメージは、労働が過酷であったり、下積みが長く一人前になるまでに努力が必要ということではないでしょうか。
いわゆる職人と言われる職種になりますが、そういった業界は伝統や文化を守り、継承していくこととも深く関わっています。

文化や伝統を守り継承していかなければならない反面、それを継いでいく人が不足しているという問題点がよく取りあげられます。

職人と呼ばれるだけあり、一人前としてその技を習得するには修業を必要としていて、それにはとても多くの時間と労力がかかるものです。

そして、修行といわれる期間は報酬も少ないのが一般的ではないでしょうか。

そのイメージのため目指す人も限られるうえ、修業中の労力と報酬のバランスがとれないことに葛藤し、断念していく人も多く見られます。

求人の需要と供給のバランスを取るためには、一人前になるまでのプロセスをより分かりやすくすることや、文化や伝統を守ることにどれだけの大きな意味があるのかを人々が広く理解していけるように、情報提供していく必要があるでしょう。

日本には守って行きたい文化がたくさん存在しています。
日本が得意としてきたものづくりにおける伝統を、後の世代にもしっかり伝えていくことが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:求人

このページの先頭へ