調理に関する求人と採用される為の方法

昨今の就職事情の中、てっとりばやく仕事にありつくにはどのような職種に応募するのが効果的でしょうか。
工事や倉庫内作業などといった肉体労働だと、仕事は見つけやすいですが体力に自信がないと続かないどころか体を壊してしまう可能性もあります。
また、事務職のような内勤の仕事であれば、環境の整ったオフィス内で座ってできる仕事なので体への負担は少ないのですが、その分一つの求人に対する応募数が非常に多いため、採用に至るのは難関です。

そして、採用数が多いのは介護の仕事ですが、こちらも体力が必要で体を壊してしまう可能性があります。
特に、腰への負担は大きいです。

また、肉親でもない人間の下の世話など精神的な負担もかなりのものがあります。
それでは、飲食店はどうでしょうか。

世の中に多くの飲食店があり、地域によっては二十四時間営業の店舗が多数ある地域もあります。
このような地域では、飲食店でのキッチンの仕事に応募してみるのがいいでしょう。

それでは、どういった準備によって、こういった仕事、つまりコックになることができるのでしょうか。
第一に、コックの経験があることが最も大きなポテンシャルを秘めています。

しかしながら、コックの経験がないと困っている方も多いでしょう。
その場合は、調理師免許を取ってみることをお勧めします。

免許取得の第一の方法は、調理師試験を受けて試験に合格することです。
しかしながら、こちらは2年以上の実務経験を持っていることが受験の要件となるため、未経験では不可能です。

もう一つの方法は、厚生労働大臣の指定した養成施設(料理の専門学校など)を卒業することで、費用はかかりますが確実な方法ですし、また、教わる中で実践的ノウハウも得ることができます。

費用がかからない方法としては、まずは調理師免許の不要な職場で調理担当として経験を積み、調理師試験を受けて合格を目指すやり方です。

学校に通うこともなく、免許がある人と比べれば安めの賃金にはなりますが収入が得られるという点、そして、調理師に向いているかの適性も、働くうちに分かるというメリットがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:求人

このページの先頭へ