新卒の求人情報を見つける方法

新卒求人とは、高校、専門学校、短大、大学、大学院を卒業する人が求人募集枠で、中途採用は即戦力が期待されますが、新卒は将来的に企業が期待できる人を採用する場合が多いです。
大学や専門学校を卒業する人は、学校に就職課があるので情報が入りやすいでしょう。
企業側は求人表を提出して、入社を希望する学生の紹介を受けたり、セミナーを開催したり、インターシップの告知をして学内で広告活動を行ったりします。

また、学校側との信頼関係があり、何年も実績があるところには採用されるケースが多いです。
ハローワークには新卒ハローワークが設置されていて、登録されている学生を企業側に紹介しています。

経済産業省もドリームマッチプロジェクトを実施しており、中小企業と学生の採用と就職支援を行っています。

さらに、多数の企業が集まる合同説明会や就職フェアなどが開催され、企業側の人事担当と直接話す機会が設けられるなど、学生が就職の情報を得ることが出来ます。

他には、一般の人と同じようにインターネットの就職サイトを利用している人も多く、中小企業に特化したものや有名上位大学の学生のみ、院生や理科系など、特長をもったサイトもあります。

就職サイトは学生の利用者が60万人以上いるため広く告知がが出来、利用者が増加しています。
FacebookやTwitterなどのソーシャルリクルーティングを通しても、企業の情報や社員の声、理念やサービスを知ることが出来ます。

新卒の求人はこうのようにして情報を得ることができるので、ぜひ活用しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:求人

このページの先頭へ