横浜の求人状況と景気について

横浜市の人口は約370万人で、東京に次いで日本全国で2位となっています。
横浜市の経済や求人状況を見ていきますと、横浜市の経済局の調査によると平成26年9月の有効求人倍率は1.01、長く続いた0.70から0.80くらいの1.00以下の低い水準から、平成26年6月に久しぶりに1.00まで回復し、昨年の9月の0.87に比べても明るい兆しが出てきています。

その中で業種別に見てみると、製造業は緩やかに下降気味となっています。

また、横浜は近代的なみなとみらいや、ノスタルジックな山手西洋館などがあり、八景島シーパラダイスや中華街など観光スポットも多く、サービス業の中でもホテルなどの宿泊業や飲食業は伸びています。

また、古くから商業港として栄えて来た事もあり外資系の企業の立地も多く、他の地域とは少し違った特色を持っています。
卸小売業では、卸売業は緩やかに減少傾向ですが小売業は回復してきています。

横浜では人と関わりのある業種での伸びが見られ、求人状況も回復傾向が見られます。

また、全体的に景気の回復傾向にあるのは大企業や中堅企業、市外に本社のある企業などで、中小企業はまだ景気回復したと言える状況にはなっていない様です。

有効求人倍率が緩やかに上昇してきていますが、平成26年度前半では消費税増税前の駆け込み需要の為の消費増加が見られました。
増税後は消費は抑えられがちになるので、今後さらに消費税が増税された後にはまた状況も変わってくるのではないかと言われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:求人

このページの先頭へ