営業の仕事と求人活用について

営業の仕事には、新規顧客開拓と既存顧客フォローの2つの手法があります。
売上は客数かける客単価なので、どちらも売り上げを獲得するために重要です。
新規顧客開拓が業務の中心で、これは新しいお客様を新規の取引として開拓することになります。

そうすることにより、客数が増えて売上増大が見込めるため、大半の企業は新規顧客開拓に力を入れています。
既存フォローは、その会社が1度でも過去に取引のあったお客様へ、新商品を案内したり、メンテナンスなどのフォローがメインになります。

継続して自社のファン(お得意様)になっていただくために、ニーズを感じ取り提案をしていくことが求められます。

一般的に、新規顧客開拓に力を入れる会社は成長産業であるベンチャー企業や新規ビジネスで新しい販路を開拓したい企業などが代表で、既存フォローに力を入れる会社は成熟産業にある企業、成長路線よりも今あるお客様を優先したい企業です。

営業先は法人と個人の2つに大きく分かれており、法人営業とは、企業(株式会社、有限会社、社団法人、財団法人等)に対してのことを言い、個人営業とは、個人(一般消費者等)に対してのことを言います。

法人は会社間の取引を意味しますのであらゆる業界で存在し、個人は旅行代理店・不動産・ウェディング事業・生命保険・銀行等での一般消費者に対するものを言います。

これらを頭に入れて求人情報を分析し、自分は何をしたいのかを明確にし、情報を有効に活用すると自分に合った営業職を見つけることができるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:求人

このページの先頭へ