仙台市の新卒者に対する求人・雇用対策

仙台市は、人口約107万人を誇る東北地方最大の都市で、宮城県の県庁所在地にもなっています。
求人の数は多く、有効求人数を有効求職者で割った有効求人倍率は全国平均を上回っており、宮城県の中でも高い数値を保っています。
しかし、さらに安定した雇用を出すために、仙台市では様々な対策をしています。

例えば、安定した雇用があっても景気の動向が不透明な昨今、大学を卒業した新卒の人達の雇用も絶対とは言えませんので、より多くの新卒者が就職できるよう企業に新卒枠の確保を要請したり、就職してもすぐに離職しないよう対策の推進をしており、他にも、就職活動している学生向けの「仙台で働きたい」という雑誌を発行しています。

この雑誌は、大手企業だけではなく中小企業にも学生が興味を持つように、企業の魅力を伝え、視野を広げて地元企業への就職を支援するとともに、中小企業の人材確保を目的としているものです。

漠然と企業の説明をするのではなく、企業に所属している若手社員の業務内容や休日の過ごし方など、実際に入社後どのような事をするのか、どのような生活になるのかといったイメージがしやすい内容になっています。

また、今後行われる企業説明会などの情報がカレンダーに載っているのも、就職活動をしている学生にとって便利です。

このように仙台市では、新卒者のために様々な雇用対策をしており、就職先を県外に向けるのではなく今一度地元の企業の事を理解して、就職活動の視野を広げるように働きかけています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:求人

このページの先頭へ