震災後の福島県の対策による有効求人倍率の上昇

福島県は、2011年3月11日に発生した東日本大震災において甚大なる被害を受けました。
働いていた場所が無くなった人も多く、失業者が多く発生しました。
そこで福島県は、多く発生してしまった失業者や求職者の雇用の機会を多くする為、福島県に工場などを建設する企業に対して補助金を出すという優遇制度を使い、企業の誘致を行いました。

「津波・原子力災害被災地域雇用創出企業立地補助金」という国の制度で、震災で避難区域に指定されていた場所の避難指示が解除された地域を中心に産業の復興を行い、経済の活性化を行うというものです。

他にも、「ふくしま産業復興企業立地補助金」と「ふくしま産業復興投資促進特区」において税金に関しての優遇措置を行い、企業の新設や増設を促すことで雇用を生み出しています。

補助金以外にも、「絆づくり応援事業」という福島県全域を対象として、所在していた事業を離職した人や居住していた人を優先して雇用するという事業も行っています。

他にも、地震や津波で倒壊した道路や建物の復旧、除染活動などを行う建設業の求人も多く出されています。
こうした県や国の支援も有り、福島県の有効求人倍率は全国平均を大きく上回り、全体で見ても上位に位置しています。

震災によって受けた傷跡は発生から4年以上経った今でも多く残っていますが、着実に一歩づつ復興に向けて進んでいます。
何年先になるかはわかりませんが、きっと震災前の姿を取り戻してくれるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:求人

このページの先頭へ