薬局の求人の傾向について

数年前までは薬の調剤は病院の中で行われる院内処方でしたが、現在では病院で処方箋を書いてもらい、調剤薬局に出向いて薬を受け取る院外処方に変わりました。
それに伴い調剤薬局の求人も増え、薬剤師は勿論、調剤薬局事務の募集も至る所で行っています。
薬剤師になるには大学の薬学部で6年間学び、卒業後薬剤師国家試験に合格しなければなりません。

薬の知識をはじめ、管理方法など専門的な知識を持たなければいけないことや、年々変わる法律や薬剤の情報を常に把握していなければいけないので資格を持つ人の数は少なく、都会に集まる傾向が強いです。

そのような理由から、人口の少ない地域では求人してもなかなか集まらないのが現状です。

薬剤師の仕事の内容としては、薬剤の管理、調剤業務や服薬指導、患者1人1人の薬歴管理などが挙げられ、このようなことから、人の命と直結した責任のある重要な仕事であることが分かります。

もうひとつの仕事として調剤薬局事務が注目されており、パートやアルバイトでの求人の傾向がうかがえ、数も年々増えています。

就業時間や日数などの調整が比較的容易な点や、資格を持たない方や未経験者でも就業可能な募集があることから、小さい子供を持つ主婦に人気の仕事です。

通信講座やスクールなどに通って資格を取り就職に繋げた方も多く関心の高さが垣間見えますし、他の職種からの転職者も多い傾向にあります。
これからますます人気が高まっていく職種と言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:求人

このページの先頭へ