新聞の求人広告について

新聞の求人広告はとても身近なものです。
地方ごとにいろいろな広告がありますが、まず日曜折り込み求人といえば「しごと情報アイデム」で、関東、東海、中国・四国、関西、九州地方と分かれており、その地域に合わせた折り込み広告として配布されています。

また、新聞の折り込みはインターネットで検索してみることもでき、アイデムウェブ版では、チラシをそのまま丸ごとウェブ上に掲載されているため、地域を選んで情報を見たり印刷したりすることができます。

自分の地域だけではなく、仕事探しを希望する地域の情報を見ることもできるので便利ですし、気になる仕事を見つけたら電話やメールからすぐに応募することも可能です。

そして、日曜新聞折り込みチラシの「クリエイト」は、1969年から毎週1エリア10万部という数を発行しています。

エリアは東京23区内外、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県と関東地方のみで、新聞チラシ、ネット、フリーペーパーの3本で情報を発信しているので、新しい情報をより早く詳しく目にすることができるのが特徴です。

また、広告掲載後2日以内に約50%、6日以内に約80%の応募が集まるというのも募集企業にとって魅力的でしょう。

ネットの時代だから紙のチラシは時代遅れではと思う方もいるかもしれませんが、やはり見やすさとじっくりと見ることができるいう点では紙の媒体は断トツですので、まだまだチラシの需要は大きいと言えます。

他に、パソコンやスマートフォンから見られるものには正社員募集主体の「ジョブターミナル」、バイト主体の「バイトジャングル」などがあり若い世代に人気があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:求人

このページの先頭へ