編集の仕事と求人に求められるもの

編集の仕事は、書籍や雑誌、新聞、映像などを企画・制作することです。
例えば出版社で雑誌を作る仕事でしたら、企画から始まり予算や取材、原稿のチェックなど、制作の段取りを整えて出版物を印刷所に依頼して発行します。
実際に文章を書くのはライターと呼ばれる人で、写真はカメラマンが撮るので、レイアウトをして編集すれば良いのですが、出版物が印刷所にまわるまでは根気のいる作業の連続です。

編集者は知的で華やかなイメージがありますが、実際は地味な作業の繰り返しも多く、発想力や構成力、企画力などが求められます。

なりたい人にとっては、「求人はあるのか」「資格は必要か」または「学歴も必要か」など色々考えてしまいますが、この仕事に資格や高学歴は必要なく、中途採用もありです。

とは言え、たいてい入社して最初の仕事は校正を任されるので、国語力、特に文章表現力と読解力があると良いでしょう。

他には、新聞でも何でも良いので、活字をたくさん読む事もお勧めですし、原稿を依頼したりする場合も出てきますので、コミュニケーション力も必要になってきます。

取材協力のお願いや営業、カメラマン、ライターとの付き合いもありますから、コミュニケーションが上手く取れないと仕事がスムーズに運びませんので、人との付き合い方は重要です。

また、締切のある仕事なので、体力と根気も必要でしょう。
編集というお仕事は自分が作り上げた仕事が目に見える形で残るので、とてもやりがいと達成感が味わえる魅力的な仕事です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:求人

このページの先頭へ