管理栄養士の仕事内容と求人

管理栄養士の資格は、きちんとした手順を取らないと取得することが出来ません。
栄養士の資格を持っている人が管理栄養士国家試験を受けて合格する必要があるので、まず始めに栄養士の資格を取得しましょう。
栄養士養成施設で2年以上必要な知識と技能を取得した人に都道府県知事から授与されるもので、その後、養成施設で学んだ時間と実務経験の期間が合わせて5年以上になるか、管理栄養士養成施設を修了して栄養士免許を取得した人が国家試験に合格して取得することが出来ます。

では、実際にどのような仕事をするのかと言いますと、病気を罹ってる人や入院している人が療養する為に必要な栄養の管理、スポーツ選手などの個人に対して専門的な知識と技術を使って健康の保持促進を促す栄養の管理、特定多数の人に食事を提供する施設において身体状況・栄養状態・使用状況に応じた配慮を必要とする給食の管理、及び指導が主な仕事となります。

そのため、求人も病院での食事の管理や入院している人の状況を考えての献立決め、薬局などでの栄養に関する相談、スポーツジムや施設における会員向けのマンツーマンの栄養指導や栄養セミナーの開催、幼稚園や学校給食の献立作成・調理指導・子供への食育や介護施設において入居している人の体調を考慮した献立を決めるなどの仕事があります。

どの仕事場でも人と接することが多いので、人とコミュニケーションを取るのが好きな人、何よりも「食」について興味や強い関心がある人は、是非免許を取ってみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:求人

このページの先頭へ