長崎の漁業に関わる求人の現状

長崎は江戸時代から他国との交流を持ち、その時代唯一の貿易港として栄えヨーロッパ文化が多く入った都市です。
坂の多い街並みが特徴で、広島に次ぐ被爆都市として世界中に知られています。
キリスト教が入った地域でもあり、カトリック教会なども多く異国情緒が豊かな景観です。

コーヒーやジャガイモが伝来したことでも有名で、食の面ではチャンポンや皿うどん、400年前にポルトガルから伝わった長崎を代表するお菓子のカステラをはじめ、様々な洋菓子が作られています。

また、農業や水産業も盛んで、真珠の養殖やフグやアワビの水揚げが多いのも特徴です。

しかし、人口の流出と共に従事者の高年齢化が進み、後継者不足に悩んでいるのが現状で、県水産部の水産振興課では、新規就業者の確保を進めるため市や町、漁業関係者と連携して、インターネットや求人専門情報誌などを利用し、就業者の求人や受け入れ可能な地域の情報を発信しています。

体験漁業や入門制度といった研修体制などを整備したり、新規就業者に対する漁業技術指導や漁業経営開始資金などの低利融資制度を活用することにより、新規就業者の経済的負担の軽減を図るなど新規参入者の定着に力を入れており、受け入れ体制作りを進めています。

更に、漁業就業支援フェアも行い、受け入れ先とのマッチングの支援にも取り組んでいます。

有明海に面したくさんの湾を持つなど良い漁場に恵まれており、美味しい魚の宝庫である長崎では、漁業に携わりたいと考えている若い力に様々な支援を行っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:求人

このページの先頭へ