多くの企業が主婦の労働力に注目し求人を増やしています

現在では、夫婦共に働いているという家庭が多くなっています。
国でも女性の社会参加を推奨しており、働きやすい環境を整えようと政策を検討している最中です。
飲食業界やサービス業界など様々な業界で人手不足が叫ばれている中、年々女性の就業率は増加し、主婦のパートは400万人に上り、非正規雇用の3割を占めていると言われています。

多くの企業が主婦の労働力に注目し、活用に力を入れています。

求職の動向は、子供の入園や入学が一段落する4月~5月頃と、生活のリズムが確立し、子供の夏休みが終わり学校が再開した後の9月~10月頃が多くなっています。

このように、子供がいる方は子供の生活リズムに合わせて求職をしていることが見えてきます。
主婦の求人はどのような傾向にあるのか調べてみますと、飲食店や販売、サービス業など多種多様な業種で求められていることがうかがえます。

特に人手不足が深刻な介護・福祉業界では、介護福祉士やヘルパーの資格が取れる仕組みを作ったり、短時間労働を可能にしたりと働きやすい環境作りに力を入れて人材確保に当たっています。

また、看護師をはじめとした各職種では、子育てなどでブランクのある方向けに、復帰に向けた事前研修を充実させるといった配慮があり、再就職に不安があったり、自身が持てないといった方々にも注目されています。

子育ての最中というと、急な休みが多い上に休日が土日に集中するなど何かと敬遠されがちですが、各業種で注目している労働力であることは間違いなく、求人数が増えて今後ますます期待される人材になり得ると言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:求人

このページの先頭へ